どんなことが必要か

アンチエイジングに必要なことはどのようなことでしょう。アンチエイジングは老化を止めることを言いますが、今の状態が少しでも改善できれば、よりやりがいがありそうです。まず体の中からアンチエイジングを行うためには食べ物と運動が必要になります。

食べ物は脂肪や炭水化物に注意し、タンパク質やビタミン、ミネラル、野菜を意識的に摂りたいもの。特に脂肪と糖質とタンパク質のセットは、細胞を老化させることでも知られています。例えば洋菓子などが要注意とも言われています。クリームは脂肪分、小麦粉や砂糖は糖質、卵などはタンパク質です。そのため洋菓子より和菓子を選ぶようにしましょう。

次に運動も大切です。運動は適度な運動を行い、過度なものは体を痛めるので逆効果になることも。それより続けることが大切なので、毎日続く運動をしっかりと行うようにしましょう。有酸素運動を中心に、筋肉質が落ちる年齢なので少し筋トレも行うことがお勧めです。

そして肌や毛髪のケアによって、足らなってくるコラーゲンなどの成分を、肌からプラスすることもおすすめです。シャンプーなどは化学物質の多いアルコール系から、天然のアミノ酸系のものに替えるいいでしょう。年齢とともに薄毛、抜け毛が増えてきます。それに対応するためにも、質の良いシャンプーはとても大切です。

便秘は大敵

アンチエイジングのためには便秘は大敵です。特にアンチエイジングが必要になる年齢には、腸内の善玉菌が急激に減ることも知られています。つまり腸内環境が悪化しやすくなります。それによって便秘が起こりますが、その便秘によってますます腸内環境は悪化するという、悪循環となっていくこのです。

そこでアンチエイジングのためにも便秘を解消すること、腸内環境を良くすることが重要になると言えます。便秘がどうしてもアンチエイジングの大敵なのかというと、便秘はいらないはずの排出物が腸内に長期間溜まってしまいます。それによって腸管から毒素などを吸収してしまいます。

腸から吸収した毒素は血液に入って、各種細胞に配られていきます。つまりそんなものが細胞に配られてしまえば、細胞は代謝を低下させていきます。肌細胞では代謝が低下し肌のターンオーバーが悪化します。それによってガサガサ肌になることも。

もともとエストロゲンが減ってきていることから、肌のハリなどが少なくなっているところに、このような影響を受けることで肌老化はどんどん進んでしまいます。このように便秘とアンチエイジングは対極にあるものなのです。そのため便秘を解消する努力は、欠かせないことと言われています。

アンチエイジングに美肌を

アンチエイジングというと、やはり40歳以上の女性が気になる言葉ではないでしょうか。だんだん老けを感じてくる年齢です。しかし、老化は実は20歳から少しずつ始っています。つまり女性の場合は女性ホルモンのピークである20歳からは少しずつ低下していきます。

また閉経に向けて40代からはエストロゲンの減少は多くなり、40代後半になると極端に激減してきます。このような状況の中、どうしても老化が起こってくるのも仕方ないことなのです。しかしアンチエイジングでこれ以上老化を進行させないことによって、数年先にはアンチエイジングを意識している人と、していない人との差は絶大となります。

そのためアンチエイジングは予防とも言えるのかもしれません。肌の美しさは年齢を感じる部分であり、肌の状態によってだいぶイメージが違ってきます。そしてシワやたるみも、だいぶ進みが抑制されます。もちろんアンチエイジングは肌だけでなく、さまざまなところに意識しなければなりません。しかしまずすぐに目につく肌はきれいにしていたいものです。

またアンチエイジングは健康でなければなりません。若いときのように無謀な無理は逆効果になってしまいます。そのためアンチエイジングは健康の基本を考えることが大切です。そのためにマッサージや、化粧品などによるスキンケア、正しい洗顔、体内から美しくなるための栄養補給、サプリメントの摂取、便秘を起こさないようにする生活習慣など、必要なことはたくさんあります。

▼関連リンク▼
エイジングケアサプリ-NMN SOMA